光脱毛でトラブルは?

 

光脱毛が気になる関西人

熱いものを知らずに触ってしまった時などにヤケドになる事がありますが、
ムダ毛の脱毛において、ヤケドになってしまったケースはあるのでしょうか?

 

 

昔の脱毛?

 

 

まずは、過去に主流だった脱毛法からお話します。

 

昔は脱毛というと「電気針脱毛」が主流でした。

 

この電気針脱毛は、通電した針を直接毛に当て脱毛させるという方法です。

 

毛以外にも皮膚に接触するケースが多く、
強い痛みと共にヤケド・色素沈着などがおきる欠点がありました。

 

また、医療レーザー脱毛では電気針脱毛と比較すると痛みは軽減しましたが、
輪ゴムで弾いたような痛みはまだあります。

 

医療レーザー脱毛は、毛根を破壊するほどの強いパワーで照射しますので、
皮膚に対してもダメージとなり、もちろんヤケドのリスクが伴います。

 

医療用レーザーは医療機関での行為ですので、ヤケドの処置には対応しています。

 

 

脱毛サロンでヤケド?

 

 

では、脱毛サロンにおけるヤケドは起こるのでしょうか?

 

脱毛サロンにおける脱毛方法は「SSC脱毛」と「IPL脱毛」がありますが、
どちらとも大きく分けると「光脱毛」に分類されます。

 

光脱毛はフラッシュ脱毛とも呼ばれていて、
脱毛範囲を広範囲で施術でき時間短縮が可能で、肌への負担が少ないことが特徴です。

 

通常「SSC脱毛」では、ジェルを用いてヤケドや肌の乾燥を守りながら脱毛処理を行います。

 

「IPL脱毛」では、ジェルを使用しない場合もあるようです。

 

 

出力が強すぎる?

 

 

さて、このようなメリットのある光脱毛でヤケドになるのは、
どのような場合に起きるのでしょうか?

 

ニュースなどで取り上げられているケースですと、
光脱毛機器の照射出力を必要以上のパワーで照射し
脱毛行為を行っている場合にヤケドが起きる可能性があるようです。

 

光脱毛の「SSC脱毛」では、
冷却ジェルを使用し脱毛部位に対して保護しながら脱毛するためヤケドするケースは少ないようです。

 

しかし、脱毛する機器の出力や脱毛の方法によっては
ヤケドの心配が少ない光脱毛においても、ヤケドの可能性はあるという事です。

 

>>大阪で全身脱毛が安い!おすすめの激安サロンはどこ?へ戻る