医療脱毛と脱毛サロン違いなに?!

 

医療脱毛と脱毛サロンってどう違うの?!

 

さて、ご自宅でのムダ毛の脱毛処理は肌トラブルになるリスクがあることは
わかりましたが、お店での「脱毛」を始めたいときに、
脱毛サロンやエステの脱毛と美容外科などの脱毛でよく悩まれる方がいます。

 

「そろそろ脱毛したいけど医療脱毛がいいんじゃないかな…。」

 

「名前に医療ってつくから安心なんでしょ…。」

 

 

医療脱毛とは?

 

 

そもそも、医療脱毛とはどのような施術内容なのでしょうか?

 

まず医療レーザー脱毛は、医師の管理下による脱毛行為です。

 

医療脱毛は、脱毛機器の照射パワーがより強く痛みを強く感じる特徴がありますが、
脱毛効果を早く感じられる点があります。

 

万が一肌トラブルになった際には、医師が対応してくれる点も特徴です。

 

しかし、医療機関ですので初診料などが必要となり料金が高い傾向があります。

 

 

脱毛サロンの脱毛方法は?

 

 

では、「脱毛サロン」の脱毛方法はどのような方法があるのでしょうか?

 

脱毛サロンでは、医療レーザー脱毛に比べて痛みの少ない「IPL方式」や「S.S.C方式」
の方法で脱毛していきます。

 

医療レーザーに比べて、肌の痛みを抑えて脱毛したい女性に評価されています。

 

「IPL方式」の脱毛は、照射する光を毛のメラニン色素に反応させて脱毛を行います。

 

「S.S.C方式」の脱毛は、ジェルの上から光を照射し肌をいためずに行う方式です。

 

どちらとも医療レーザーに比べると、出力パワーが低い分お手入れの回数は多くなります。

 

しかし、脱毛サロンのメリットは、美肌の為の保湿やスキンケアへの配慮が十分にあり、
肌への負担が抑えられる点があります。

 

 

医療脱毛・脱毛サロンのメリット・デメリット?

 

 

医療脱毛のメリット・デメリット、そして脱毛サロンのメリット・デメリットを
理解していただいたところで、簡単にまとめてみます。

 

医療脱毛

 

【メリット】  ・脱毛効果が早い

 

【デメリット】 ・痛みが強い ・料金が高め

 

脱毛サロン

 

【メリット】  ・料金が安い ・痛みが少ない 

 

【デメリット】 ・脱毛効果に時間がかかる

 

 

医療脱毛と脱毛サロンの違いはご理解いただけたでしょうか?

 

 

>>大阪で全身脱毛が安い!おすすめの激安サロンはどこ?へ戻る